作成の流れ

オリジナルの結婚指輪を注文するお店を決めた後、どのような流れで作成が進んでいくのでしょうか。はっきりとしたデザイン画などを用意しているという人はほとんどいないので、具体的なデザインは決まっていないという場合の流れを説明します。

まずは予算やイメージなどを話し合うことから始まります。婚約指輪とセットで付けられるものにしたい、誕生石を使いたい、2つでセットになるようにしたいなどの希望やその優先順位をプランナーやデザイナーと共有することが大切です。多くのお店では過去に作成した指輪のデザインを保管しているので、同じくらいの予算で似たようなコンセプトのデザインを見せてもらえることも多いです。それを参考にデザイナーが仮デザインを作り提案し、修正しながらデザインを決めていきます。

デザインが決まったら、サンプルリングを作成します。シルバーなどの金属やワックスなどで本物と同じ形・大きさの試作品を試着してチェックをします。実際に指にはめてみると、石の大きさを変えたいと思ったり手の形に合わないと感じる人も多いようです。この時点で修正をしても、追加料金を取られるということはありません。試作品に問題がなければいよいよ制作に取り掛かります。お店や混雑状況にもよりますが、1か月程度で納品になります。