後悔したデザイン

せっかくのオリジナルデザインの結婚指輪ですが、肝心のデザインのせいで後悔してしまったという人もいます。実際に身に着けて生活しないとわからない理由もあるので、後悔した例を紹介します。

オリジナルデザインの場合、ついつい凝ったデザインにしてしまいがちですが、意外にも細かなデザインにしてしまったせいで後悔しているという声は多いです。隙間に汚れがたまりやすかったり、ストッキングや洋服にひっかけてしまう、子供に怪我をさせてしまわないか心配などの理由で結局着けなくなってしまうこともあるようです。特にダイヤの立て爪は定番のデザインですが日常生活には邪魔という意見も多く、結婚指輪より婚約指輪向きのデザインなのかもしれません。

ダイヤや誕生石などの石を使ったデザインも、傷がつかないか、石が取れてしまわないかと心配になり普段身に着けるのが怖いという意見があります。石をたくさん使ったデザインでは派手になりすぎて、年齢を重ねてから後悔しているという人も多いです。

オリジナルデザインでも、長い目で見るとシンプルなデザインが一番後悔が少ないようです。シンプルでありながらさりげなく個性を演出できる、素敵なデザインを目指しましょう。

作成の流れ

オリジナルの結婚指輪を注文するお店を決めた後、どのような流れで作成が進んでいくのでしょうか。はっきりとしたデザイン画などを用意しているという人はほとんどいないので、具体的なデザインは決まっていないという場合の流れを説明します。

まずは予算やイメージなどを話し合うことから始まります。婚約指輪とセットで付けられるものにしたい、誕生石を使いたい、2つでセットになるようにしたいなどの希望やその優先順位をプランナーやデザイナーと共有することが大切です。多くのお店では過去に作成した指輪のデザインを保管しているので、同じくらいの予算で似たようなコンセプトのデザインを見せてもらえることも多いです。それを参考にデザイナーが仮デザインを作り提案し、修正しながらデザインを決めていきます。

デザインが決まったら、サンプルリングを作成します。シルバーなどの金属やワックスなどで本物と同じ形・大きさの試作品を試着してチェックをします。実際に指にはめてみると、石の大きさを変えたいと思ったり手の形に合わないと感じる人も多いようです。この時点で修正をしても、追加料金を取られるということはありません。試作品に問題がなければいよいよ制作に取り掛かります。お店や混雑状況にもよりますが、1か月程度で納品になります。